Point de X のこと

Burdaの鳥

先日手に入れたBurda誌から、一番気になった図案を刺し中です。
一昨日の夜、一気に刺して、なんとなくいい感じだぞ、と
ひとり悦に入って写真に撮ったのですが、
ブログ更新することなく、昨日の夜もどっぷりチクチクして、
あとひと息で刺しあがりそうです。
なのでまとめてアップしちゃいます。

布もひさしぶりにフレメじゃないもので、
Mode et Travaux という店で購入したEtamineという布です。
なんて訳すんでしょう。平織り布とでも呼ぶのでしょうか。
麻だとのことなので、ゴワゴワざらざらしています。
b0180156_18375686.jpg

花糸を使っているので、どことなくほんわかなイメージに。
スカスカした感じもありますね。
掲載のできあがり写真とはまた趣の違うものになりつつあります。
これはこれでアリかな。
昨日の夜もせっせと針を運んで、カラフルになってきました。
続きは今夜ゆっくりと。
b0180156_18411584.jpg

[PR]
# by aya-mimo | 2009-05-24 18:51 | Point de X | Comments(4)

昇天祭です

カソリックの祝日で、本日はお休み日です。
でも、夫くんは働きに行ったので、菊を刺しちゃおうと
1時間、きっちり集中してできあがりました。
あとは何かに仕立てるだけ。
着地点を決めずに刺したので、これからがしんどいところです。
義母は72歳だけど、バイク(ラッタッタ〜♪ですが)で
お出かけもする人なので、斜めがけバッグとかが便利かなぁ。
こんなのついたバッグは恥ずかしいかなぁ。
考え出すと何も作れなくなりそう。
7月まで、ゆっくり考えます。
b0180156_2344763.jpg

一昨日、日本から来ている友人の友人につきあって、
パリの中を歩き回りました。
左岸の自転車屋さんに行ったので、
近くのチャペルへ「不思議のメダイ」を買いに行きました。
改装工事が終わり新装開店のチャペルで、メダイの新作を見つけ、
新しいもの好きなので、ついつい買い求めてしまいました。
6個はいってて2ユーロとお買い得感いっぱいです。
b0180156_23475142.jpg

菊が刺せたので、次にとりかかるべく、糸を準備しました。
先日のBurda誌から刺そうと思って、画像を見ながら近い色の糸を
花糸の中から選びました。
この間の帰郷の際、西荻窪のアンティーク屋さんで見つけた
大正時代の葉書箱にとりあえず入れてみました。
こういう箱ものが好きなのに、上手な使い途が見つけられません。
b0180156_23522327.jpg

[PR]
# by aya-mimo | 2009-05-21 23:57 | Point de X | Comments(6)

苺、できました

上部の糸替えが細かくて、ちょっとウゲッとなりましたが完成。
b0180156_18495116.jpg

何にするつもりもなく刺し始めたので、出番が来るまで
タンスの肥やしとなりますか……。
大量にある刺しっぱなしをどうにかしないといけませんね。

で、今刺しているのがコレです。
b0180156_18555477.jpg

次はフレメ以外を刺そうと決めていたのですが、この菊に。
花糸デビュー間もなくに一度刺して
ポーチに仕立てて使っているのですが、
先日、日本に帰った時、義母がそのポーチを見て
「これええやん!」と褒めてくれたので、
母の誕生日にと刺し始めました。
母の名前にちなんでもいます。
[PR]
# by aya-mimo | 2009-05-18 19:18 | Point de X | Comments(8)

エマウスとマシン

昨日は、パリ郊外にあるエマウスの販売所へ行ってきました。
エマウスとはピエール神父が設立した、
家のない人たちを救済する慈善団体です。
寄付で集まった「家庭で必要じゃなくなったもの」を売り、
その収益を救済や運営に利用しているそうです。
パリにもエマウスはあるのに、なぜ郊外のエマウスかというと、
ここには手芸コーナーがあるからなんです。

年に10回くらい、手芸品を売り出す日があるのですが、
なぜか毎年、春爛漫の5月か6月に行っています。
場所はパリの西、マルメゾンを越えてすぐのところ、
セーヌ河中州の小さい島にあります。

今年で4年目ですが、なんだか今年はワクワクが少なかったかも。
いつものミシン刺繍テープとかぎ針、
b0180156_1562621.jpg

古本1冊、
(黄金の指というタイトルの昔の手芸冊子。
 はじける笑顔の赤ちゃんに惹かれて購入)
b0180156_158198.jpg

今年初めて買ったボタンたち。
(母のリハビリ編み物に使ってもらおうと思ってます)
b0180156_1591230.jpg


昨日は珍しく、夫くんが一緒だったので、周辺散歩してみました。
というのも、ドデカイ廃墟チックな建物がバス停脇にあり、
「これは何の跡?」「発電所かな?」という夫くんの疑問解決に
立ち上がったわけです。

結局、入ってすぐに説明パネルがあり、
その建物は La Machine a Marly(ラ・マシン・ナ・マルリー)、
ルイ14世時代の吸水ポンプ場跡だと速攻判明したわけですが、
折角なので、目の前の急な斜面を上ってみました。
b0180156_15301295.jpg

ゲルダさんの図柄にでてくる野の花がいっぱいありました。

「すべるので注意!」と看板が出ていたのですが、
雨が降ったわけでもないのに、と軽く考えて上り始め、
どこでもすべる私は、
石畳と石畳の間から顔をのぞかせている雑草たちに
しっかり足を取られて、ズルズル。
危ないので、下で待機となり、結局上り坂半分も行かずに断念。
夫くんが降りてくるまで、いろんなパネルを読んで待ってました。
b0180156_15371936.jpg

セーヌの水を飲もうじゃないか政策だったみたいです。
むむむ、定かではありませんが。
b0180156_15373649.gif

この吸水場の往年の姿が切手になっていました。
今も近い状態で残っています。
(それなら写真に撮って来いって話ですよね。すみません)
[PR]
# by aya-mimo | 2009-05-17 16:02 | 日々の暮らし | Comments(0)

アルファルファ効果

BIOの店で見つけた「かんたん栽培器」で
アルファルファを栽培しています。
プラスチックの容器に種をまいて、水をたらふく与えるだけで、
いっぱいのアルファルファが上下2段に育ちます。
あまりのかんたんさに、なぜ今までやらなかったんだろう、と
後悔までしてしまいました。

フタを押し上げるほどに成長したアルファルファです。
b0180156_22244922.jpg


先日、e-bayで手に入れたBurdaのステッチ本2冊が届きました。
郵便事故の多い昨今、無事届いただけで大金星です。
この頃、フレメ以外にも目が向くようになってきました。
どんな図案も花糸で刺せばいいんだ、と。
気づくのがちょっと遅いですが、気づいてしまえばこっちのもの。
手持ちのプレーリーもペレット・サムイロフさんも
みんな花糸で勝手に色指定してしまいましょう、っと。
b0180156_2230772.jpg

[PR]
# by aya-mimo | 2009-05-15 22:31 | 日々の暮らし | Comments(4)

最新のコメント

★yohmamaさん ..
by aya-mimo at 09:48
本当だ!北欧だ! 色と..
by yohmama at 18:05
★左下猫のみーこしゃん ..
by aya-mimo at 08:45
ぐぅ、、、ぐぅの音も出な..
by 左下猫のみーこ at 07:52
★左下猫のみーこしゃん ..
by aya-mimo at 07:40
コレ可愛いよぉ〜〜)^o..
by 左下猫のみーこ at 13:09
★左下猫のみーこしゃん ..
by aya-mimo at 09:40
★taka.ひゃん こ..
by aya-mimo at 09:35
★る〜なちゃん いえい..
by aya-mimo at 09:32
うんうん、アハが出まくる..
by 左下猫のみーこ at 08:22

最新のトラックバック

美しい緑と中世の街並み、..
from dezire_photo &..
「死の都」から蘇った中世..
from dezire_photo &..

検索

ファン

ブログジャンル

ハンドメイド
アート・デザイン