Point de X のこと

ブルー修道院

リヨン市にほど近い、ブレス鶏で有名なブルカンブレスの
ブルー修道院にて、慈照寺(銀閣寺)の文化活動の一環である
武者小路千家若宗匠による献茶と無雙真古流珠寶さんの献花が
行われました。
献茶、献花の画像は夫くんからの画像提供を待って、別の日に。

まずは1日めのお茶ワークショップ。
現場にあったランプを花かごに見立ててのお花↓です。
b0180156_1822274.jpg
葉っぱの先にキラリと光る水滴がキレイ。
b0180156_18224978.jpg
教会の建物です。が、教会として使われたことは一度もなく、
奥さんが先逝したダンナさんのために建てたお墓です。
b0180156_1827367.jpg
真ん中の廟がダンナさん・フィリベール公のお墓。
左に奥さん・マルグリット・ドートリッシュのお墓です。
ちなみに右はフィリベールのお母さんのお墓です。
b0180156_18272554.jpg
お母さんのお墓の飾り彫刻のひとりの別嬪さんです。
b0180156_18274643.jpg
建築中の模型です。地面で窓の石枠を組み立てていますね。
b0180156_18285460.jpg
ブレス鶏かな?あまりにかわいい雨樋で、パチりと。
b0180156_18293086.jpg

その他にも
b0180156_1847293.jpg
マルグリット・ドートリッシュの名前を冠したバラ。
b0180156_184977.jpg
僧院の生活区域の中庭に咲いていたバラ。ひとつの枝に競い咲き。
b0180156_1850413.jpg
冗談みたいにキレイに揃ったバラ。ステッチのデザインみたいです。
b0180156_18523020.jpg
「こえだちゃんときのおうち」みたい?な民家。お伽の国ですね。
b0180156_1855270.jpg
なんとなく懐かしい瓦屋根と瓦を突き破って咲く可憐な花。。。
b0180156_1856335.jpg
細々と刺して、なんとか海まで到達しました。
今日波打ち際を刺しましょうっと。
b0180156_18562928.jpg
旅のお供は楽チンな一色刺しです。1時間休憩とかにホテルでちくちく。
b0180156_18582479.jpg
旅から戻ったら、夫クンのトルコ出張土産な猫たちが待ってました。
b0180156_18585050.jpg
おまけのおまけは、昨日、武者小路千家若宗匠からいただいたお干菓子。
季節の紫陽花でした。
夫クンに食べられてしまう前にパチりとな。
[PR]
# by aya-mimo | 2010-06-20 19:05 | 日々の暮らし | Comments(25)

ビスコーニュを少しだけ

今日、オペラ座にかぐやひめを観に行くつもりでいたのですが、
お席が少ししか取れなくて、日本から来た人たちが行き、
私は涙を飲んで断念しました。
大人な私は1秒でがっかりを笑顔に変えられるのですが、
心の中はしくしく、じとじと。。。
なので、哀しみを紛らすために、ちくちく、ちくちく。
観に行けなかったけど、家に戻ったのは遅かったので、
ビスコーニュを久々に引っ張り出してきましたとさ。
b0180156_6564813.jpg
やっと15個中11個までできました。
はぁ、まだちょっとクヨクヨしてます。
ゲルダさんに癒してもらいたい気分ですが。。。
そうもいかないので、田舎で撮ったフレメな画像で誤摩化そう。
b0180156_65926.jpg
目が悪くなったわけではありません。へっぽこ写真なだけです。
ゲルダさんのたんぽぽで、気になっていた茎の色。
本当にこんな色だったんですね。納得!
b0180156_705055.jpg
とてつもなく愛らしかった野いちご。
b0180156_72032.jpg
青い梅。きゅぅ〜。
b0180156_75204.jpg
でっかいラディッシュが激しく赤く地面から飛び出してました。
よしよし、ちょっと戻ってきたぞ〜。

そうそう、今朝届いた荷物にはいっていた
かわいいハンガリーはホロハーザの置物「砂遊びする子」♪
b0180156_79332.jpg
前から家にいるホロハーザのうさぎとパチり。
b0180156_7105116.jpg
森のオーナー家マダムの手作りおやつ「チュイル」♪
これをお持ち帰りさせてもらいました。おいしいっ。

もうひといき。
昨日、お茶の若宗匠を空港へお迎えに行ったときに買った
b0180156_7131367.jpg
空港のキオスクで、1カ所手芸雑誌がとても充実している所があり、
そこで待ち時間に久々サムイロフさん掲載の本を。

今朝、若宗匠にお茶を点てていただきました。
おいしかった〜〜。毎日いただきたい、と切なる願いが。。。
b0180156_7155347.jpg
点てていらっしゃる時の手の動きも綺麗でした。

お〜〜、だいぶ(随分)戻ってきました。
最後に、ギメ美術館で出会った「釈迦誕生」の像。
b0180156_7214615.jpg
赤ちゃん釈迦さんが天上天下唯我独尊とのたまったシーンですね。
天上天下唯我独尊は私の座右の銘(?)でもあります。
子供の頃、初めて授業で耳にして以来、「これだ〜〜!」と。
最初は高みから見たような言葉なのかな、と思ってましたが、
天上にも天下にも我の存在は大切なものである、と解釈。
こちらの意味もするりとこの身に納まりました。
おぉ〜し! 完全復活です。
明日もがんばれるぞ〜〜。
[PR]
# by aya-mimo | 2010-06-12 07:25 | Point de X | Comments(14)

サンスの大聖堂

前回から今日まで、まったく針を持てなかったので、
今日はプチ旅行の写真だけで更新します。
基本、慈照寺の花は野の草木を使われるので、
そのために知人の伝手でパリから1時間半の距離にある
個人所有の森へ草木をゆずっていただきに行きました。

まずは途中の街「サンス」で、世界初のゴシック建築の大聖堂を
ちょっと観光。
b0180156_591043.jpg
ここ一番のポイントである塔が工事中だったので、
大聖堂の側面でお茶を濁してみます。
b0180156_5103568.jpg
気持ちいい大聖堂の中。
b0180156_511922.jpg
私と縁を持つすべての人の幸福を祈って、マリアさまにろうそくを。
一番右の細い子がそれです。
60円弱で大きなお願いをしてみました。

この後、近くの林檎農家の直売所へ行きお買い物
b0180156_5241516.jpg
ヨーグルトの容器、かわいかった〜〜。
b0180156_524533.jpg
フリーチャートのハメルーンの笛吹き男に似てません?

やっとお仕事スタートですが、画像を見る限り遊んでるみたい。
b0180156_5265255.jpg
森のさくらんぼ。先週より赤く色づいておいしそう。
なので、アレルギーのくせにひとついただきました。
数秒後にむずむずいがいがとちょっと悲しいことに。。。
b0180156_5282761.jpg
こちらのさくらんぼは、森の持ち主さんの自宅の庭
(といっても1ヘクタールあるそうですが)になっていたもの。
種類の違い、わかりますか?
b0180156_53118.jpg
まつぼっくりが生き生きと緑色でなっているのは初めて見ました。
b0180156_5352795.jpg
さつきばいも美しく雨に濡れておりました。綺麗。
b0180156_5321115.jpg
10ヘクタールの森の方で出会ったかたつむり。
大きかった〜〜。
狩りと同じく、収穫(?)可能な季節がきたら、
この子たちも捕獲され食べられちゃうのだそうです。。。
b0180156_5362820.jpg
大麦畑には野生のポピーが共生していました。
大麦のほんのりブルーとポピーの柔らかい赤がいい塩梅です。

おまけは、お花の教室で短くカットされたために、
我が家に流れてきたバラと
b0180156_5394629.jpg

一昨日のお昼にいただいた苺のミルフォイユです。
b0180156_5412811.jpg
旬の苺、おいしくいただきました。
[PR]
# by aya-mimo | 2010-06-10 05:45 | 日々の暮らし | Comments(14)

初めてのたてはな

3年目にして、初めて『たてはな』をしてみました。
銀閣寺のお花とのおつきあいは3年目ですが、
今まで、仕事モードで現場にいるため、
一度も花を立てたことがありませんでした。
今日は、美術館スタッフの予約申し込み記録ミスで、
11時からの教室と14時からの教室が混ざってしまい、
11時からの教室に参加するべく現れたのが
極少人数だったため、参加者が立てにくいかも、と
おつきあいすることにしました。
おかげで、その後1日遊びモードで、若干テンション高。。。
b0180156_6322231.jpg
右が1作目、左が2作目。
調子に乗って2つも。。。
ひとつめはやはり亡父に向けてたてました。
というよりも「死」というものに向けてたてたかな。
向こうが死で、手前が私か。。。
ふたつめは私と縁のあるすべての人に向けて。
きっと「生」をたてたかったのかな。
思い起こせば、の、あとづけです。ははは。
どちらもすごく楽しかった〜。
お香と畳があれば言うことなかったなぁ。

そんなわけで、今朝は人が少なかったので
先生の特別講座「こみ藁(花留め)について」がありました。
ずっと剣山がピンと来なかった私にするりとはいってきた
スローライフな花留め。ツボです。
b0180156_6442393.jpg
こみ藁を作る先生の手元。特別公開です。
b0180156_6445350.jpg
道具類、用の美ですね。
水に沈むこみ藁も清々しい。
すぐに落ちちゃう『さつきばい』の蕾とパチり。

おまけは、昨日久々に針を持ち、少し進んだ地図です。
イィーとなってしまうビスコーニュは置いといて、
サクサク刺せる運河を埋める作業と緑を増やす作業に勤しみました。
b0180156_6523823.jpg
何のことやら、な画像ですね。へへ。
このコペン地図は、Haandarbejdets Fremmeのもので、
キットNo.30-4797です。
気になる方は、broderiemagasinetさん、stitch houseさん、
J's shopさんでチェックしてみてくださいね。

もうひとつおまけに『弁天様?』な1ショット。
b0180156_6543273.jpg
先生が献花をされた、パリのセルヌスキ美術館で出会いました。
琵琶らしき楽器を持ってらっしゃるので弁天様かと。
ほんわかな顔立ちに癒されました ( ̄ー ̄)
[PR]
# by aya-mimo | 2010-06-07 07:04 | Point de X | Comments(14)

田舎で蜂蜜

先日、お花のための木々をいただきに田舎に行きました。
昨年はチャンスがなくて買えなかった蜂蜜を
今回は電話予約までして、無事手に入れました。
8種類くらいの蜂蜜をみんな味見して、とにかくおいしそうな
Printemps(セイヨウサンザシの蜜で作られた蜂蜜)と
Luzerne(ウマゴヤシ シロツメクサの蜜で作られた蜂蜜)を
お持ち帰りしました。
b0180156_6224866.jpg
アカシアもおいしかったなぁ〜。今度はアカシアも買おうっと。
b0180156_6231427.jpg
Printempsは白い蜂蜜です。
ヨーグルトに入れて食べた〜い。

田舎家1軒目のお宅の庭に咲いていたアイリスです。
珍しい大人な色の花でした。
b0180156_6351498.jpg
そのお宅にいた猫のムニちゃん。
b0180156_637730.jpg
この椅子からちっとも動きませんでした。
b0180156_6382123.jpg
誰の手作りなのでしょう。聞きそびれました。
手作りなモノを見るとついついパチりとしてしまいます。

田舎家2軒目のお宅所有の森に行ったときに撮ったのが
b0180156_641273.jpg
このアカシアの木。
アカシアの花は天ぷらにして食べるのだそう。
花を嗅いだら密の香りがプンプンしてました。甘そう。

連れて行ってくれた知人宅のお庭になっていた白苺。
b0180156_644798.jpg
食べてみたら、「これから甘くなるぞ〜」と感じさせる
不思議な味でした。ごちそうさまです。

おまけは、この頃ずっと一緒に行動している新家族のカジ。
田舎から帰って来る車の中での激写です。
みんな寝てしまって暇だったもので。。。
b0180156_6464312.jpg

もひとつおまけに、プチパレ美術館の中庭に咲いていた
驚きの大きさを持つポピーです。
b0180156_6523010.jpg

そのプチパレは、今YSL展で大賑わいを見せています。
イヴ・サンローラン展。。。個人ではきっと見にいかないけど、
今回は現場にいるし、見せてくれるって言うし、で
見に行く予定にしています。
展覧会入り口にあった、観光名所なモノがやけに嬉しくパチり。
b0180156_6554020.jpg
顔出しているのは、親子で来ていたスペイン人ママ。
時間のある時にみんなで顔出して写真撮ろうっと。
[PR]
# by aya-mimo | 2010-06-04 07:00 | 日々の暮らし | Comments(16)

最新のコメント

★tomoさん いい調..
by aya-mimo at 02:49
★yohmamaさん ..
by aya-mimo at 02:44
★taka.ひゃん ほ..
by aya-mimo at 02:40
さくさく、スイスイ進んで..
by tomo-studio at 20:05
どんどん進んでいますね!..
by yohmama at 09:40
サクサク進んでる〜♪ 女..
by suzuzoo3 at 09:08
★左下猫のみーこしゃん ..
by aya-mimo at 08:05
うん、木靴よねコレ! ..
by 左下猫のみーこ at 13:53
★Rionちゃん 今回..
by aya-mimo at 07:45
長らくパソコンから離れて..
by Rion-MT at 12:19

最新のトラックバック

美しい緑と中世の街並み、..
from dezire_photo &..
「死の都」から蘇った中世..
from dezire_photo &..

検索

ファン

ブログジャンル

ハンドメイド
アート・デザイン